防風通聖散は効果ある?成分や副作用を徹底的に解説

西洋医学が進んだ現在、西洋医学ではどうしても解明されないこともあり、現在漢方薬が見直されてブームとなりつつあります。

漢方は症状だけを治すのではなく、身体全体の調子も整え健康な身体に導く薬として、中国では2千年以上前に生まれた体系医学として、現在もなお利用されています。

日本には古くから伝わり、日本独自の発展を遂げてきました。漢方は副作用がないと信じている方もおられますが、漢方でも副作用はあります。現在は病院でも漢方薬が処方されるようになりました。

その中でも、中高年が気にするお腹ポッコリが解消されると人気を呼んでいる防風通聖散をご存知でしょうか?今回この防風通聖散の効果や成分、副作用について、徹底的に掘り下げてご説明いたします。

防風通聖散でポッコリお腹解消?

防風通聖散はお腹がポッコリ出ている人に効果があると、とても人気を博しています。なぜ、防風通聖散は肥満を解消できるのでしょうか?

その答えは防風通聖散の成分にあります。防風通聖散に含まれている18種類の生薬の成分は、お腹ポッコリを解消できる成分が数多く配合されているのです。

中年になったからとポッコリお腹も仕方がないと諦めている方、健康にも見た目にも、やはりポッコリお腹はあまり良くありません。

ポッコリお腹を解消して、若かりし頃のスタイルに戻してみたら、周りの方もビックリ、仕事のできる人として見られるのではないでしょうか?

防風通聖散働き

防風通聖散の主な働きには、身体の熱を取り除き、病気となる原因を解消する働きがあります。また、身体の水分の循環を良くすることで便秘をなくし、老廃物を速やかに排泄し太鼓腹を解消できるのです。

防風通聖散の成分には発汗効果のある成分が何種類も入っています。また、解毒作用や便秘などに効く成分や新陳代謝を活発にし、血行を良くして、余分な脂肪も速やかに排出する働きがあります。

防風通聖散の効果は肥満だけではない

防風通聖散の効果は肥満解消だけではありません。肥満解消するための便秘にも効果があり、むくみやのぼせ、肩こりや尿量減少・動悸・などにも効果があります。

ですから、このような症状のある高血圧や糖尿病、肝臓病などにも効果が期待できるということです。

防風通聖散の成分

防風通聖散の成分について詳しく見ていきましょう。防風通聖散は、18種類の生薬の相互作用によって、脂肪の燃焼・分解を活性化させ食事で摂取した余分な脂肪を便と一緒に排泄させます。

そのため、お腹ポッコリの肥満タイプが解消されます。だからと言って防風通聖散だけを飲んでいればお腹ポッコリがなくなるかと言えばそれは間違いです。防風通聖散を飲むと同時に、食生活や生活習慣も改善することが必要です。

18種類の成分の詳しい情報は次のようになります。

18種類の成分とは?

生薬 植物 効果
オウゴン(黄芩) コガネバナの根の皮をはいで乾燥したもの、多年草・シソ科 抗菌作用・解熱・解毒作用・肝機能活性化・腸粘膜の炎症を修復・利尿・抗アレルギー
カッセキ(滑石) 天然の粘土鉱物・軟骨石と硬骨石からなる1種の粘土鉱物、主な成分は二酸化ケイ素と含水ケイ酸アルミニウム 利尿・利尿減少、下痢薬・切り傷・長官、尿道・膀胱の炎症を起こしたときに粘膜面を柔らかく包み込みます、口の渇き
カンゾウ(甘草) カンゾウ属の根や根茎を乾燥したもの、多年草・マメ科 鎮痛・鎮痙(ちんけい)鎮咳(ちんがい)解毒
緊張を緩和、急な症状を和らげる
キキョウ(桔梗) キキョウの根を乾燥したもの、とコルクの皮を除いたものを乾燥したもの、キキョウ科 去痰・排膿といったのどに詰まった淡や膿を出す

ケイガイ(荊芥) ケイガイの花穂を乾燥したのち、花穂を採取 発汗・解熱作用・皮膚病などに用いられる

サンシシ(山梔子) クチナイの果実を乾燥したもの
常緑低木、アカネ科 精神安定作用・消炎作用・清熱作用、高血圧・充血・炎症・吐血・煩躁(はんそう)・黄疸
シャクヤク(芍薬) シャクヤクの根を乾燥したもの、初夏の美しい花・ボタン科 鎮痛・鎮痙(ちんけい)・収斂(しゅうれん)緩和作用・筋肉の痙攣の緩和・血管の働きを正常にする
ショウキョウ(生姜) ショウガの根茎など蒸して乾燥にしたもの、多年草・ショウガ科 発汗・食欲増進・身体を温め・新陳代謝機能を活発にする・軟骨を破壊する酵素の生成の抑制
胃を元気にする芳香辛味性健胃として使用
センキュウ(川芎) センキュウのひげ根を除いた根を湯で通し乾燥したもの、多年草・セリ科 鎮静・鎮痛・強壮・補血(ほけつ)駆瘀血(くおけつ)などの効果、血行を促し血液の流れを良くする
セッコウ(石膏) 硫酸カルシウムの結晶瑰 発汗・悪熱・高熱・口渇・下痢・温熱病
ダイオウ(大黄) ダイオウ属植物の根や根茎をかんそうしたもの、多年草草本・タデ科 消炎・緩下(かんげ)・駆瘀血・健胃・下痢や便秘作用・腸内細菌作用

トウキ(当帰) トウキ属植物の根をかんそうしたもの、夏から秋に白い花・セリ科 強壮・鎮痛・鎮静・血の循環を良くする

ハッカ(薄荷) 多年生草本シソ科の薄荷全草・葉を乾燥したもの 皮膚刺激・局所血管拡張・頭痛・めまい・芳香性・消化不良・心腹賬満
ビャクジュツ(白朮) キク科オオバナオケラの根茎
補脾燥湿(ほひそうしつ)消化器官が虚弱なために食欲不振など、慢性的な下痢・胃潰瘍・血糖降下作用・肝機能改善作用、抗ストレス作用
ボウフウ(防風) トウスケボウフウの根及び根茎を陰干しにしたもの、セリ科 発汗・解熱・鎮痛作用・頭痛・疼痛・感冒の改善
ボウショウ(芒硝) 硫酸ナトリウム(Na2SO4)・水に溶けやすい 清熱・緩下・腸内の津液を補って便を柔らかくする作用・便秘・腹部膨満感の改善
マオウ(麻黄) マオウ科の地上に出ている茎を天日干しにしたもの 発汗・鎮咳・鎮痛・去痰・発熱悪寒・利用作用・骨節痛・頭痛・身体疼痛・呼吸困難・喘咳(ぜんがい)黄疸
レンギョウ(連翹) レンギョウの果実を乾燥 消非膿作用・炎性利尿・皮膚疾患(かゆみ)

防風通聖散の副作用と注意点

防風通聖散には副作用がないのでしょうか?効き目のある漢方薬だけあって副作用もあります。重い副作用はあまりありませんが中でも注意しなければいけない副作用や、飲み合わせ、使用時の時の注意などをご説明します。

重い副作用について

めったにないですが重い副作用には、肝臓の重い症状・間質性肺炎・偽アルドステロン症・腸間膜静脈硬化症などがあります。その初期症状について書いておきます。
肝臓の重症 発熱・発疹・食欲不振・吐き気・だるい・かゆみ・尿が茶褐色・黄疸がでるなど
間質性肺炎 発熱・少し動くと息切れ・息苦しさ・から咳など
偽アルドステロン症 体重増加・筋肉の痙攣・震え・血圧上昇・力が入らない・低カリウム血症・むくみ・手足のしびれ・痛み・だるいなど
腸間膜静脈硬化症 下痢・便秘・長期服用に腹痛・腹部膨満が繰り返し・便潜血陽性など
その他の症状 胃の不快感・腹痛・食欲不振・吐き気・吐く・下痢・軟便
イライラ・尿が少なく出にくい・発汗過多・動悸・不眠
かゆみ・発疹・発赤

防風通聖散の飲み合わせ

 交感神経繁樹作用のある藥、例えばエフェドリンやテオフィリンなどの藥の併用は注意
 マオウとカンゾウが含まれる漢方について、鼻炎用内服藥、市販のかぜ藥、鎮咳去たん藥の併用に注意
 芍薬甘草湯などの甘草が含まれた漢方薬を一緒に飲むときは、偽アルデステロン症の副作用になることがありますので、注意
 その他の飲み合わせに、甘草含有製剤・テオフィリン(テオドール)・麻黄剤・カテコールアミン製剤(アドレナリン・イソプレナリン)エフェドリン類含有製剤・グリチルリチン(グリチロン)甲状腺製剤(チラーヂン)など

防風通聖散の使用時の注意

漢方薬は普通空腹時の食間や食前に飲みますが、食欲がなく、吐き気をもよおす場合は食後でもよいです。

顆粒はお湯で溶かし落ち着いた環境で飲むと良いでしょう。むかついたり吐き気があったりした時は水で飲むと良いです。効果のない時や副作用の症状が出たときは迷わず、医師に相談してください。

防風通聖散の人気ランキング

それでは防風通聖散の人気ランキングをご紹介いたします。おすすめしたい防風通聖散は以下になります。漢方薬を選ぶときには生薬の定められた量を100%使用した、満量処方の薬を選ぶ方が効果は発揮されます。

1位クラシエ

クラシエの防風通聖散料エキス錠は、1日当たりの価格は166円になります。添加物が8種類とやや多めで、マクロゴールが入っています。

製造販売はクラシエ製薬株式会社で、ホームページはwww.kracie.co.jp です。

クラシエは漢方防風通聖散料エキスFC錠
希望小売価格 5,000円(税抜き)360錠(30日分)
防風通聖散エキス粉末 2,85g(防風通聖散エキス)
成人1日服用量 12錠(1錠335mg)
防風通聖散の効果 ポッコリ腹の解消・肥満症・高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・むくみ・のぼせ。便秘・湿疹・ニキビふきでもの・皮膚炎・蓄膿症(副鼻腔炎)
用法・用量 食前・食間に水または白湯で服用・一日3回・成人15歳以上1回4錠・15歳未満は服用をしない
成分 ケイガイ・サンシシ・シャクヤク・センキュウ・トウキ・ハッカ・ボウフウ・レンギョウ・マオウを各0.6g、オンゴン・カンゾウ・キキョウ・セッコウ・ビャクジュツ各1.0g、カッセキ1.5 g、乾燥硫酸ナトリウム0.375g、ショウキョウ0.2g、ダイオウ0.75g
添加物 カルナウバロウ・CMC-Ca・ケイ酸AI・酸化チタン、三二酸化鉄、ステアリン酸Mg・ヒプロメロース・マクロゴール

2位ツムラ

漢方薬でおなじみのツムラが出している、ツムラ防風通聖散62は、成分はクラシエとほぼ同じです。違いは添加物がこちらは3種類と少しクラシエより少なめですが、肺疾患に影響があるといわれる、無水ケイ酸が入っています。

1日当たりの価格は171円になります。ツムラの原材料は中国から80%調達しています。ツムラのホームページはhttps://www.tsumura.co.jp/products/ippan/043/index_s.html

希望小売価格 4,300円(税抜き)48包(24日分)
ツムラ防風通聖散62 2.25g(防風通聖散エキス)
成人1日服用量 2包(3.75g)
防風通聖散62の効果 ポッコリお腹の解消・肥満症・高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・むくみ・のぼせ・便秘・湿疹・ニキビふきでもの・皮膚炎・蓄膿症(副鼻腔炎)
用途・用量 食前に水またはお湯で服用・1日2回・成人15歳以上1包(1.875g)・7歳以上15歳未満2/3包・4歳以上7歳未満1/2包・2歳以上4歳未満1/3包・2歳未満服用しない
成分 ケイガイ・サンシシ・シャクヤク・センキュウ・トウキ・ハッカ・ボウフウ・レンギョウ・マオウ各0.6g、オンゴン・カンゾウ・キキョウ・セッコウ・ビャクジュツ各1.0g、カッセキ1.5g、無水ボウショウ0.35g、ショウキョウ0.15g、ダイオウ0.75g
添加物 ステアリン酸マグネシウム・乳糖水和物・軽質無水ケイ酸

3位ナイシトールZ

小林製薬から出ている防風通聖散は、満量処方で生薬を100%使用しています。錠剤で1日の価格が267円とかなり高くなります。

添加物は5種類ですがこちらも無水ケイ酸が入っています。小林製薬のホームページはhttps://www.kobayashi.co.jp/seihin/ns_tz/

希望小売価格 7,500円(税抜き)420錠(28日分)
ナイシトールZ 5.0g(防風通聖散エキス)
成人1日服用量 15錠・1回5錠
ナイシトールZの効果 体力があってポッコリお腹が出ている人で、便秘の解消・肥満症・高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・むくみ・のぼせ・便秘・湿疹・ニキビふきでもの・皮膚炎・蓄膿症(副鼻腔炎)
用途・用量 食前・食間に水またはお湯で服用・1日3回・成人15歳以上1回5錠、15歳未満は服用しない
成分 ケイガイ・サンシシ・シャクヤク・センキュウ・トウキ・ハッカ・ボウフウ・レンギョ・マオウ各1.2g、オンゴン・カンゾウ・キキョウ・セッコウ・ビャクジュツ各2.0g、カッセキ3.0g、ボウショウ・ダイオウ各1.5g、ショウキョウ0.3g
添加物 無水ケイ酸・ケイ酸AI・トウモロコシデンプン・ステアリン酸Mg・CMC-Ca

防風通聖散のまとめ

ポッコリお腹が解消する、防風通聖散について詳しく見てきました。防風通聖散はポッコリお腹が解消するだけでなく、便秘や肩こり、むくみ、のぼせなどにも効果を発揮します。

漢方は西洋藥の様に即効性はありませんが、身体の基から健康に導いてくれますので、ポッコリお腹が気になる方はお試しになられてはいかがでしょうか?

ポッコリお腹が気になっていたけど、中年だから仕方がないと諦めることはありません。